脱・転職迷子!社内SEが身に着けておくべきスキルとは?

ITが当たり前になった今日、SEの需要は高まっています。
IT企業は基本的に人材不足に悩み、売り手市場と言われることも多いでしょ
う。このサイトにこんなことが書いてあります。

社内SE転職/おすすめIT転職エージェントランキング
数年前まではアウトソーシングという言葉が流行していました。しかし近年、システムに関わることは自社内で全て賄おうと言う動きが主流になりつつあります。その為、企業として専任の社内SEを採用するという動きも活発になってきています。 「パソコンひとつで独自のシステムを造り上げることができる」「自分の構築したシステムを直接導入した上で評価して貰える」等、やりがいという面では他の業務と比べて別格的に満足感を得られるものなのです。最近では就労環境も安定してきているので、キャリアを積む上で重要視されている仕事になっています。

しかし、社内SEは転職市場で迷子になりやすいということをご存知でしょうか?
自社のシステム開発にかかりきりになることが多い社内SEは、多分野で活躍するSEに比べてスキルの汎用性が低いとされがちです。変化のスピードがとりわけ速いIT業界では、一つの仕事を長期間続けていたSEに対してスピード感がないと感じる採用担当者も多いのです。
ですので、基本的なスキルのみをアピールすることだけにとどまっていては、社内SEの転職活動はなかなかうまくいきません。
それ以外にも、
■社内での円滑なコミュニケーションの取り方・姿勢
■社内外問わず、新しい情報への感度の高さや情報収集能力の高さ
をしっかりとアピールしていくことで、変化に柔軟に対応できる人物であるということを印象付けなければなりません。
転職を決めたときには退職願いを出す前に、ぜひ上記の2点を振り返ってみましょう。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>