脱・転職迷子!社内SEが身に着けておくべきスキルとは?

ITが当たり前になった今日、SEの需要は高まっています。
IT企業は基本的に人材不足に悩み、売り手市場と言われることも多いでしょ
う。このサイトにこんなことが書いてあります。

社内SE転職/おすすめIT転職エージェントランキング
数年前まではアウトソーシングという言葉が流行していました。しかし近年、システムに関わることは自社内で全て賄おうと言う動きが主流になりつつあります。その為、企業として専任の社内SEを採用するという動きも活発になってきています。 「パソコンひとつで独自のシステムを造り上げることができる」「自分の構築したシステムを直接導入した上で評価して貰える」等、やりがいという面では他の業務と比べて別格的に満足感を得られるものなのです。最近では就労環境も安定してきているので、キャリアを積む上で重要視されている仕事になっています。

しかし、社内SEは転職市場で迷子になりやすいということをご存知でしょうか?
自社のシステム開発にかかりきりになることが多い社内SEは、多分野で活躍するSEに比べてスキルの汎用性が低いとされがちです。変化のスピードがとりわけ速いIT業界では、一つの仕事を長期間続けていたSEに対してスピード感がないと感じる採用担当者も多いのです。
ですので、基本的なスキルのみをアピールすることだけにとどまっていては、社内SEの転職活動はなかなかうまくいきません。
それ以外にも、
■社内での円滑なコミュニケーションの取り方・姿勢
■社内外問わず、新しい情報への感度の高さや情報収集能力の高さ
をしっかりとアピールしていくことで、変化に柔軟に対応できる人物であるということを印象付けなければなりません。
転職を決めたときには退職願いを出す前に、ぜひ上記の2点を振り返ってみましょう。

不信感を抱いた会社

ある旅行会社の中途採用を受けたのですが、この会社は書類選考、一次面接、最終面接、内定の流れで応募から内定までを約一カ月以内との事でした。

応募後書類選考を通過し一次面接に進み、一次面接での内容も悪くはない印象で結果を待っていました。
予想通り一次面接を通過し最終面接の案内が来たので、希望日時を3つ提案しメールを返信したのですが、いくら待っても返事が来ません。
さすがに提案した希望日時の最後の日の前日になったので、確認と別日3つを記載の上再度メールを送ると「担当者の時間が取れなくて連絡出来ませんでした」との返事が来ました。その後のやり取りで最終面接の日程が決まり、面接に赴くと明らかに面接官のやる気のない態度。
そして、一次面接の時に聞いた情報を元に質問をしてみると、一次面接官の話とは逆の答えが返ってくる始末。
もう訳の分からいまま最終面接を切り上げ、結果は後日メールしますとの事だったので一応待って見るが一週間が経ち、二週間が経ちといつまで経っても連絡がない。

最終面接の日程の段取りの悪さでいい印象がなかったので不採用で良いんだけど、この会社は一体どうなっているのだろうと感じ不信感でいっぱいになりました。
言うまでもなくこの会社からは未だ返事がありません。

転職せざるを得なくなった時

転職を決意するのは非常に勇気のいる決断だと思います。
しかし、転職をせざるを得ない状況の時もあります。

私もかつて、転職をせざるを得ない状況になんどか遭遇しました。
そのうちの一つが、転勤です。

最初の転勤は、県内異動だったので、片道2時間かかりましたが、なんとか通勤できました。
しかし、1年も経たないうちに、また転勤の内示がありました。

今度は県外でしかもかなり遠くです。
家の事情もあり、その内示はお断りするとともに、自分の居場所はなく、会社を退職せざるを得ませんでした。

女性で転勤することは前例がなかったようですが、私にはなぜか白羽の矢が立ちました。
これも辞めどきだったのかもしれませんね。

その会社での私の役目が終わったのだと思って、速やかに退職しました。
それでも上司はなんとか会社に残ってくれないか、と言ってくれました。

しかし、私の意志は決まっていたので、そのまま退職することにしました。
職業人生もなかなか上手くいかないものです。

成功する転職ってあるのかしら、と思ってしまいます。

ブラック企業過ぎるので転職しました

わたしは30代前半の男性です。
仕事はシステムエンジニアをしています。

以前勤めていた会社があまりにもブラック企業の為転職しました。

どれくらいブラックかというと、残業代は見込み手当というものがあり、
一か月80時間はタダ働きです。仕事は忙しいので、残業が80時間を超える事もありますが、

その場合は先にタイムカードを押すことを強要されます。
また有給は取得する事が許されず、体調不良で休んだ時もかなり小言を言わ
れました。

転職を決定づけたのは、親族が亡くなった時に、忌引きを取得しようとしましたが、
それも認めてもらえず、給料から休んだ日数分引かれていました。

時間があまり取れなかったので、転職活動はインターネットを使い、スカウトが来るのを
待って、条件のよさそうな企業に面接に行きました。幸いブラック企業で沢山働いたので

スキルは少し上がっていたので、転職先はすぐに見つかりました。

世間一般では普通の会社だと思いますが、以前勤めていた会社に比べると
天国のような待遇です。転職して本当に良かったです。

転職検討していますが・・・

ef1080cfba98c86e5abe1969a75a7d71_s転職を検討していますが、実際に退職して就職活動、入社と考えるとなかなか一歩が踏み出せないのが現実です。

思いきれない理由を考えてみると、現状にどの程度満足、不満があるか頭を整理してみると・・・
満足しているのははっきり言って給料面だけです、年齢的に多いとは言えませんが家族を養っていくには十分です、ただ会社の業績見るとこの辺りが天井付近かな!?と見切りの部分もかなりあります。

不満、このウエイトが満足よりかなり大きいので『転職を検討』と言う事になってしまいます。この仕事を一生する、といつ決めるのでしょうか!?仕事内容は全く好きでないが、家族の為だけに頑張ると思い定年までその仕事を頑張るのでしょうか!?

今更ですが、仕事内容(時間、休日)、給料等が家族に与える影響は大き過ぎます、家族皆が笑顔になれる様環境選択して頑張りたいと思います。

多少の不安は積極的な行動で打ち消すしかないですね。

転職と資格について

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s
今の時代、転職するならば、自分の武器として資格を持っていることがとても有利です。やはり、転職において必要とされている人材というのは、人とは違うスキルを持った人材に他ならないからです。

その点において、資格を持っているとということは、他人と差別化をはかるためにとてもわかりやすいバロメーターになると思います。

中でも、実用的な資格を持っていて、さらに実務経験があればレベルの高い転職はほぼ約束されたものではないでしょうか?企業にとって、今求めている人材とは即戦力に他なりませんが、実用的な資格と経験があればまさに鬼に金棒と言って良く、これほど有利な転職条件はないのです。

だからこそ、人気の国家資格には多くの人が殺到し、そのスキルを保有しようと必死になっているのです。それだけの人が求めるということは、やはりそれだけの価値があるというわけですから、私もそういった国家資格が取得できるように頑張りたいと思っています。

初めての転職

b43c964684314
私が初めて転職したのは25歳のときだった。初めての転職である為、当然それまでの職歴は1つしかない。アルバイトなどの経験はいくつかあるが、やはり正社員の雇用というものはアルバイトとは完全に異なる。

それにこんな御時世ではアルバイトならまだしも、正社員雇用の場合は希望する業界や職種への就職は難しい。25歳だった私の時も同様で、1番最初の業種はいわゆるサービス業。お客様が訪れる場所であり基本的には明るく綺麗な職場だ。

転職を考えた私は『サービス業に疲れた』と思っていた為、別の業界への転職を考えた。転職活動の末、何とか採用を貰えたのが製造業だった。面接の際、現場見学などもさせてもらっていたのだが、実際に入社したとき、私はどうしても現場の空気に馴染めなかった。工場では常に機械の騒音が鳴り響き、床や壁は機械油でベタベタ。過去の職場とは違い過ぎる環境に耐え切れず、私は1週間で退職した。私の理解や覚悟が足りなかった為だと今は反省している。

第3の転職

d4f7d1cff9c23627cd3d8b787be251fa_s
第2の転職先のサービス業を辞め、私は職業訓練校に通い始めた。講義内容はPCスキル(Office系)。正直PC操作には自信があったのだが、私の住んでいる場所で通える職業訓練校に、もっと専門的なことを学べる職業訓練校は無かったのだ。

日々の授業も正直暇だった。しかし、職業訓練校にいることで他者の就活の動向に刺激されるなど利点もあったし、何よりもリクエスト(企業からの面接希望)が大きかった。私も地元の零細企業からリクエストがあり、希望していたデスクワークの仕事だった為、面接に応じたところ運良く採用を貰えた。

そして、就職した会社で未経験ではあったが本社で総務の仕事をすることになった。未経験だったことと、不器用な性格から、職場では毎日のように怒られ続けた。毎日仕事の夢を見る。精神的にかなりきつかった。しかし、これまでの転職経験もあって、職場としてはともかく職種としてはこれ以上望める転職先はそうそう無いだろうと、無意識に分かっていたのだと思う。そして、私はその会社で勤め続け、今日で6年1ヶ月14日になる。