初めての転職

b43c964684314
私が初めて転職したのは25歳のときだった。初めての転職である為、当然それまでの職歴は1つしかない。アルバイトなどの経験はいくつかあるが、やはり正社員の雇用というものはアルバイトとは完全に異なる。

それにこんな御時世ではアルバイトならまだしも、正社員雇用の場合は希望する業界や職種への就職は難しい。25歳だった私の時も同様で、1番最初の業種はいわゆるサービス業。お客様が訪れる場所であり基本的には明るく綺麗な職場だ。

転職を考えた私は『サービス業に疲れた』と思っていた為、別の業界への転職を考えた。転職活動の末、何とか採用を貰えたのが製造業だった。面接の際、現場見学などもさせてもらっていたのだが、実際に入社したとき、私はどうしても現場の空気に馴染めなかった。工場では常に機械の騒音が鳴り響き、床や壁は機械油でベタベタ。過去の職場とは違い過ぎる環境に耐え切れず、私は1週間で退職した。私の理解や覚悟が足りなかった為だと今は反省している。